奈良市の出張写真撮影

奈良市の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

出張 カメラマン 奈良市

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは奈良市でのプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いなどの家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 カメラマン

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 カメラマン 依頼

 

≪地域情報≫

奈良市(ならし)は、日本の奈良県の北部に位置する都市で、同県の県庁所在地である。日本政府から中核市に指定されている。

 

ロケーションフォト 奈良市

 

●地理
奈良時代に平城京が置かれた古都であり、シルクロードの終着点として天平文化が花開いた地として知られる。

 

現在の奈良市は、奈良県の北部一帯を占める広域市で、同時に奈良盆地の北端にも当たる。市東部は大和高原にあたり、標高300mから600m級の高地が続く。北境は古代に平城山(ならやま)と呼ばれた丘陵地帯で京都府と接している。平城山を越えて山城と通じる奈良坂は古くからの重要交通路の一つ。

 

市域は東西に広く、 (1) 東部の山間地、 (2) 文化財を多数抱え国際観光文化都市としての顔を持つ中東部の市街地、 (3) 大阪の衛星都市としての性格を持ち住宅地として開発が行われてきた西部と、複数の顔を持ち、同じ市内でありながら、街の雰囲気、住民の指向は違いを見せる。

 

●都市名の由来
古くは、今の奈良市域を添(そほり)と称した。市街地が広がる一帯は平坦な地形で、この均(なら)したような地形が、「奈良」の都市名の由来となったのではないかとする説が有力である。語源の詳細に関しては、奈良#語源を参照されたい。現在の漢字表記は「奈良」だが、古文書等の中では、「那羅」「寧楽」「平城」(読み方はいずれも「なら」と思われる)とも表記されている。

 

●歴史
奈良市街地の西には、ウワナベ古墳など5世紀の巨大古墳が築かれ、佐紀古墳群を形成している。『和名抄』に見える大和国添上郡山村郷、楊生郷、八島郷、大岡郷、春日郷及び添下郡佐紀郷、鳥貝郷の地であった。

 

現在の市域周辺が日本史の舞台に登場するのは、710年に都が藤原京から平城京に遷ってからのことである。その後、何度か短期間の遷都があったものの長岡京に遷る784年まで、この地が日本の中心となっていた。長岡京への遷都後も、東大寺や薬師寺、興福寺などの仏教寺院勢力がこの地域に残り、「南都」と呼ばれた。

 

中世になってからも、興福寺が大和守護職に任じられるなど、広大な荘園を有する仏教寺院勢力は依然として影響力を保持していた。むしろ大寺院の勢力は戦乱の時代においてこそ影響力が大きく、そのために何度か戦火に見舞われた。2度の大仏焼失事件(南都焼討と東大寺大仏殿の戦い)などはその象徴的なできごとといえる。しかし、室町時代から戦国時代にかけて、他国および近在の所領も含めて在地の大和武士団が実効的な支配を行うようになったために、大寺院の勢力は衰えた。

 

江戸時代には奈良奉行が設置され、江戸幕府の直接支配下に置かれた。この時代の雰囲気を残すのが奈良町(ならまち)である。また、現在の市域の南部は津藩の飛び地(古市町付近)、同じく北東部は柳生藩の領地となっていた。太平洋戦争中は、京都とともに大規模な空襲を受けなかったため、多くの文化遺産が残された。

 

●交通
鉄道では、JR西日本が収める地域は少なく、西部の住宅地の通勤需要は専ら近鉄が担っている。市内の道路は交通量に比べて狭い道路が数多く見られ、47都道府県庁所在都市で唯一高速自動車国道がないが、一般有料道路(第二阪奈道路)で大阪都心部に行ける。

 

計画中の京奈和自動車道(一般国道24号バイパス)についても、平城宮跡付近を通るため、市内を通過する区間のルート策定ができておらず(2015年8月現在)難航している。市内北部の東西の移動は近鉄の利用がかえって便利である。奈良公園等観光スポットには、駐車場は多くなく休日には慢性的に渋滞も発生する。

 

・奈良市に最も近い空港は大阪国際空港(伊丹空港)。
・奈良市に最も近い国際空港は関西国際空港(関空)。

 

●市外局番
奈良市の電話番号の市外局番は奈良第1MAである「0742」で、都祁地区及び月ヶ瀬地区は奈良第2MAである「0743」を使用しているが、奈良第1MAと奈良第2MAは同一市内扱いとなっているため、市内料金が適用される。旧奈良市域は1982年に市外局番が統一された。

 

上記のほかの奈良第2MAの地域は、大和郡山市、天理市、生駒市、山添村および京都府相楽郡の笠置町と南山城村、大阪府四條畷市田原台地区であり、奈良第2MAからは市外局番なしで通話可能、また奈良第1MAからも市外局番が必要であるが市内料金で通話できる。

 

●衆議院選挙区
合併前の奈良市域と旧添上郡月ヶ瀬村は「奈良1区」、旧山辺郡都祁村は「奈良2区」であり、合併後も区割り変更は行われなかったために同じ奈良市内で2つの衆議院選挙区を持つ。いわゆる「平成の大合併」で2つ以上の衆議院選挙区を持つ市町村が増えつつあるが、2011年(平成23年)9月現在、奈良県内の同一市町村で複数の選挙区を持つのは奈良市のみである。